新潟市中央区の税理士・会計事務所です。個人の確定申告や法人の決算申告対応!新潟市全域訪問可、オンライン相談にも対応!

新潟オフィス
 新潟県新潟市中央区女池4-18-18 マクスウェル女池2F 税理士 吉田雅一
 ・女池ICから車で4分

三条オフィス
 
新潟県三条市塚野目4-15-28 税理士 吉田敏由紀
 
・東三条駅から車で5分 

受付時間
9:00~17:30
定休日
土・日・祝日
その他
初回相談は無料です
(新潟県限定サービス)
無料相談はコチラ(料金・サービス内容) 
0120-963-270

新潟オフィス直通窓口:025-383-8868

顧問税理士の変更をお考えの方へ

税理士変更
税理士変更のご相談はこちら
税理士変更の際の面談場所

税理士変更の疑問にお答えします!

お問合せ・ご相談はお電話またはメールフォームにて受け付けております。

お電話でのお問い合わせはコチラ

0120-963-270

電話受付時間:平日9:00~17:30

新潟オフィス直通窓口:025-383-8868

当法人のHPを訪問していただき、ありがとうございます。

税理士と顧問契約を結ぶと、もう変更できないと考えている方がいらっしゃいます。しかし、税理士の変更は可能です。実際に税理士変更を検討される方は少なくありません。

このページでは、税理士を変更するべき方・しないほうがよい方をお伝えします。

それに加え、税理士選びのポイントや税理士変更のベストなタイミング、解約時の上手な伝え方などについてもご紹介いたします。

また、税理士を変更せず、2人目の税理士に依頼する「セカンドオピニオン」についても併せて解説していきますので、ぜひ参考になさってください。

税理士を変更すべき方

3つ以上該当する方は、変更をおすすめします/

  • お客様の立場に立って悩みを解決しようという熱意がない税理士
  • 経営コンサルティングのノウハウを持たない税理士
  • 資金調達のノウハウを持たない税理士いざというとき心細いです
  • 話を聞かない、相談し難い税理士個人的にかなり重要だと思います
  • レスポンスが遅い税理士
  • 細かすぎて融通が利かない税理士
  • 最新の業種(IT、テクノロジーなど)を苦手とする税理士お客様の業種次第で重要
  • 最新のマーケティング・マネタイズに対応できない税理士ユーチューバーなど
  • 変化を嫌う税理士変化の時代です
  • 横柄な税理士これは論外だと思いますが、意外と聞くケースです
  • お客様の業種を取り扱ったことが無い税理士
  • 税務調査で税務調査官の言いなりになる税理士戦うべき論点もあります
  • 訪問時に雑談ばかりの税理士私は毎月2時間経営の話をして、時間切れになります…
  • 節税の提案が苦手な税理士
  • ITやクラウド会計ソフトの知識がない税理士業務の効率性提案が段違いに変わります
  • 税理士顧問料が根拠なく高い税理士昔の手間がかかった時代から変更していない?
  • 担当者が頻繁に変わるケース

税理士を変更しないほうが良い方

次の方は、急いで変更すると後悔することも…/

 

①違約金が発生するケース
顧問税理士さんとの契約を途中で解約する場合、違約金が発生するケースがあります。既存の契約内容を確認せずに税理士を変更すると、思わぬ支払いが発生する可能性があります。

②顧問税理士がお得意さんであるケース
税理士さんが売上先である場合、解約により、先方からも解約されるケースがあります。後ほど解説する「解約の伝え方」を参考にして頂けると、トラブルになり難いと思います。

③知人などから紹介されて顧問契約を結んだケース
知人から紹介された手前、無下に解約すると、知人への影響が心配だという方もいらっしゃいます。
知人への相談⇒解約の順で、トラブルのないように進める必要があります。

 

上記3つのケースでは、勢いで解約するとトラブルになる可能性がありますが、しっかり準備をすれば問題ないケースとも言えます。

税理士選びのポイント

税理士に専門分野があるって本当!?/

 

先に結論:「税理士の専門分野」が皆さんにぴったり合うことが大切です!

 

あまり知られていませんが、税理士には各々の専門分野があります。
また、税理士事務所の規模は様々で、1人税理士~数十名規模の税理士事務所まであります。

※参考までに、私たちの専門分野に★印をつけています


①専門分野 (業務)

  • 法人の税務に強い★
  • 個人の税務に強い★
  • 相続税に強い
  • 起業支援に強い(資金調達含む)★
  • 経営コンサルティングに強い★
  • 特殊税務に強い
     

②専門分野 (対象とするクライアント)

  • 全て対象
  • ベンチャー企業専門★
  • 年商3億円以下専門★
  • 年商5億円以下専門
  • 年商5億円以上専門
  • 上場企業(子会社含む)専門
  • 富裕層専門


③税理士事務所の規模

  • 一人税理士
  • 10名程度(小規模)
  • 10~30名(中規模)
  • 30名以上(大規模)★

 

細かく分類すればもっと細かいですが、分かり難くなるためざっくりと分類しました。
「どの税理士でも同じ」ではないということです。

ただ、看板やHPを見てもなかなか分かり難いのが難点です。(病院の診療科目のように分かり易くするといいのになと思っています。)

税理士を探す際は、「皆さんの状況」と「税理士の専門分野」が一致するようにしてください。

もし一致しない税理士事務所と契約してしまった場合には、「立派な事務所なのに質問への回答が微妙!」「料金がやたら高い」などとミスマッチが起こる可能性が高くなります。

注意点として、特に一人税理士やスタッフが数名~の事務所の場合は、人員的に全てを対象とすることは不可能ですので、しっかりと確認してください。逆に、上場企業に強い大規模事務所に起業したばかりの方が行くと、料金・ノウハウの面でミスマッチが起こります。


ちなみに、私たちL&Bはかなり特殊な事務所です。
どういうことかといいますと、

L&Bはスタッフが50名近くいる大規模事務所なので、「何でもできるだろう」と思われますが、実はできません!

スタッフが多いので「本来何でもできる」のですが、敢えて「専門分野」「対象とするクライアント規模」を限定しています。

「スタッフが大勢いるのにもったいないね」と同業の税理士さんからも言われるのですが、ベンチャー~年商3億円の方専門とすることによって情報・ノウハウがたまり、他の事務所さんではできない「対象クライアントの、痒いところに手が届く」サービス設計ができました。


例えば、起業する際の「個人事業or法人の判断」「資金調達ノウハウ」「時間の使い方」「年商1,000万円の超える方法」「初めての採用」「初めての組織化」など、この領域ならではの悩みや成功例がたくさん集まり、解決できることが増えました。

 

大きな会社をクライアントにしたり特殊な税務を行うもかっこいいのですが、私たちL&Bは一切やらないことに決めています。

税理士変更のベストタイミング

タイミングは大事です!/

 

先に結論確定申告が終わった直後がベストです!

通常、確定申告のタイミングで税理士変更を行います。個人の確定申告は3/15、法人の場合は定款に定めた決算日の2か月後です。

なぜこのタイミングが良いのでしょうか?

それは、会計期間の途中で変更すると弊害があるからなんです。
 

【弊害の例】
 『途中まで前の税理士が関わっていたので、その部分の取り扱いをどうするか?』

具体的には「会計数字のチェックなど」です。通常は該当部分についても、再度「会計数字のチェックなど」を行います。この場合、税理士料金が余計にかかってしまいます。(前向きに考えると二重チェックになるため安心ともいえますが…)
 ※L&Bでは、該当する場合は、値引き対応が可能です。

解約の、上手な伝え方

言いにくい「解約させてください」/

 

解約は、ストレートに伝えるのも一つです。税理士からすると、原因がわかり今後の業務改善のきっかけとなる有難いことです。

そうはいっても、断るのは精神的負担がかかりますよね。

 

よくあるケースをご案内します。

①知人や親戚が税理士になった

②今後は、決算等を税理士に依頼せず、自分で行う
 

この辺りが角が立たない理由になるでしょう。

税理士のセカンドオピニオン

セカンドオピニオンも受け付けております

税理士に不満がある場合、「税理士を変えるしかない」と思われる方が多いですが、実は他にも解決方法があります。

それは、税理士のセカンドオピニオンです。

一部の業務だけ、例えば顧問税理士さんの苦手な分野だけ、苦手分野に強い税理士にセカンドオピニオンとして相談すれば良いのです。

 

相談したからといって顧問契約しなければいけないということもありません。
税理士はそれぞれ強みがあるため、強い部分をお願いすれば良いのです。

 

ただし、顧問税理士さんがセカンドオピニオンサービスを嫌う場合もあり、そのときは以下のような工夫が必要です。この工夫をすれば、長い付き合いの顧問税理士さんとも今まで通り関係を続けられます。

  • コンサルティング会社として契約する
  • 顧問税理士さんに「相談したい分野が強みであるか確認し、強くなければ専門の方に確認して良いか聞いてみる」

 

また、L&Bヨシダ税理士法人がセカンドオピニオンのご依頼を受ける場合、

「お金を増やすコンサルティング」
「赤字改善コンサルティング」
「未来会計コンサルティング」

など、特にコンサルティング分野でご契約いただくことが多いです。コンサルティングができる税理士は、少数だからです。

 

新潟でセカンドオピニオン・税理士変更をお考えの方は、お気軽にご相談ください。

税理士変更の疑問点は、無料相談で解決してください!

無料相談はお電話またはメールフォームにて受け付けております。

無料相談実施中(新潟県内限定サービス)

025-383-8868

電話受付時間:平日9:00~17:30

L&Bヨシダ税理士法人 新潟支店
〒950-0941 新潟県新潟市中央区女池4-18-18 マクスウェル女池3F

無料相談実施中!(料金・サービス内容)

お問い合わせ・ご相談は
お電話またはメールフォームにて受け付けております。
(料金・サービス内容について)

0120-963-270

電話受付時間:平日9:00~17:30

新潟オフィス直通窓口:025-383-8868

税理士に無料相談する

創業55年・お客様数1,000社!はじめての方にも安心していただけるアットホームな税理士法人です。

0120-963-270

 平日9:00~17:30
  ※土曜・日曜・祝日休み

経営に有益な情報を配信しています!

代表税理士が、スモールビジネスの経営について動画で分かりやすく解説しています。
「自信を持って経営したい」
「売上や利益を上げたい」
「不安を解消したい」

こういった方のお役に立てるコンテンツを、今後どんどん増やしていきます!

Twitter始めました!

1,000名を超える経営者様から受けた経営相談を基に、経営の手法や考え方について学んだことを呟きます。
当会社について、採用情報や行事、普段の様子を呟きます。

アクセス

L&Bヨシダ税理士法人 新潟支店

〒950-0941
新潟県新潟市中央区女池4-18-18
       マクスウェル女池2F
 
女池ICから車で4分

025-383-8868

対応地域

新潟県内全域対応の会計事務所です

新潟県新潟市中央区、新潟市北区、新潟市東区、新潟市江南区、新潟市秋葉区、新潟市南区、新潟市西区、新潟市西蒲区、長岡市、三条市、柏崎市、小千谷市、加茂市、十日町市、見附市、魚沼市、南魚沼市、田上町、出雲崎町、湯沢町、津南町、刈羽村、新発田市、村上市、燕市、五泉市、聖篭町、弥彦村、上越市、阿賀町、阿賀野市、その他新潟県内

著書・監修書籍